2010年12月25日

子どもたちのクリスマス

世界の子供の人口は22億人で、
貧困下の子供が10億人以上いて、
たとえば手を洗う設備と衛生教育があれば予防できる病気で
5歳までに死ぬ子どもが1日に2万9,158人いる。

ポルノや売春、薬物の取引、武力紛争で強制的に武器を持たされる、
拷問はあっても休日はない奴隷状態での労働などなど
いわゆる「最悪の形態の児童労働」に携っている子供は
1億8000万人もいる。
人身売買の犠牲になっている子供は120万人、
18才未満の子ども兵士は30万人。
毎年100万人以上の子どもが性産業に送りこまれている。

メリークリスマス
サンタカメラのサンタクロースは
世界のすべての子どもたちにプレゼントを配る(と言っている)

サンタカメラ:http://www.noradsanta.org/ja/track3d.html

posted by Read at 01:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月21日

いまからでも間に合う花火(関東編)

892-dote-hanabi.jpg


夏休みはもうすぐ終わりますが
花火大会はまだ大物が残っています。


8月28日 相模原納涼花火大会 8000発
8月28、29日 西武園ゆうえんち花火大会 2500発
8月28日 東武動物公園 花火イリュージョン 2000発
8月29日 おやまサマーフェスティバル 20010発

9月18日 ひたちなか 大草原の花火と音楽 1万発
10月2日 土浦全国花火競技大会 2万発
10月16日 成田花火大会in印旛沼 1万発

タグ:花火
posted by Read at 20:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月15日

戦犯のABC

IMTFE_court_chamber.jpg

終戦記念日なので意外と知らない知識をひとつ。

A級戦犯、B級戦犯、C級戦犯のABCは
罪の重さではなく、戦争犯罪とされるものの分類である。
大雑把にいうと、A級が平和への罪、B級が戦争法令に違反した罪
C級は人道に対する罪をいう。Cの例としては
一般の国民に対してなされた大量殺人や奴隷化、虐待などが挙げられる。

日本が敗戦になったときのBとCの区別はあまり明快でなく
殺害、虐待、奴隷行為などの指揮官をB級、
それを直接取り扱った下士官、兵士をC級として裁いている。

A級戦犯で死刑になったもの7名
B級C級で死刑判決を受けたものは1000人を超える。

この裁判のとき、主任弁護士のJ・ディッキンソンは
次のように語っている。
「この裁判はアメリカ国内では一顧だにされない不確かな供述書をもとにした
 一方的な裁判である。
 我々は慎重な判断をもってアメリカの公正さを世界に示さねばならない。」
タグ:終戦記念日
posted by Read at 13:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月11日

慈姑の青さ

青慈姑091230.jpg

慈姑にも種類というものがある。
青慈姑(写真)は日本の慈姑といわれているもので
ずんぐりと丸く肉質が細かい。
白慈姑はやや長く卵形をしており、肉質も荒い。
この他に吹田慈姑というものもあり
こちらはごく小粒で姫慈姑とも呼ばれる。

慈姑はもともとが中国原産だ。
日本産品種といわれる青慈姑も
日本にやってきたのが弥生時代とみられている。

それにしても青慈姑の青の鮮やかさ。
ラピスラズリという宝石を砕いてつくる顔料に
ウルトラマリン(写真下)があるが
その青さそっくりである。

Natural_ultramarine_pigment.jpg

タグ:慈姑
posted by Read at 18:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月25日

「春の水」の切れ味



バレエに興味のないかたはご覧になっても
なにがなんだかわからないだろうと思われるのですが
この「spring waters」のカップルは凄い。
このスピード、切れ味、ダイナミックさ、何とも言えません。

タグ:春の水
posted by Read at 03:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月01日

アキギリの咲く土地

アキギリ091123.jpg

どこにでも咲く花かと思っていたら
意外とそうではなかった。

写真の花アキギリは主に北陸、それから
近畿地方の日本海側が好きらしい。
アキギリの種族は世界に900種もあり
「アキギリ」はその種族の代表名でもあるし
そもそも丈夫で繁殖しやすい性質でもあるのだが
野生の繁殖地は限られているのが不思議だ。

アキギリの仲間は日本では10種棲息し
キバナアキギリは全国に分布するので
ハイカーにもおなじみと思う。

写真のアキギリが咲く土地には
キバナアキギリはいないそうで
領土をきちんと分け合っているのがまた面白い。

タグ:アキギリ
posted by Read at 10:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月16日

カナメモチの紅の芽

カナメモチ091113.jpg

植物の成長は春とは限らない。
成長に心地よい温度というのがあって
隙あらば大きくなろうとする。
日本の場合は18℃〜25℃くらいが心地よいらしく
暑い夏をやっと乗り越えた木々が
もう少し大きくなってみようかしら、というような
意欲を見せる時期でもある。

落葉樹は今ごろになるともう樹液の通路を閉ざして
落葉してしまうのだが
常緑樹はいまごろ新芽を出したりするのが面白い。

写真のカナメモチはよく生垣に使われる木で
放っておくと5mくらいになるらしいが
たいていは人の背丈ほどに刈り込まれている。
春は一斉に紅い新芽を出すけれど
晩秋のいまだって、気をつけているとごらんのとおり。
posted by Read at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月03日

お茶になったり寿司になったり

柿の葉091030.jpg

柿の葉はよくお茶になる。
ビタミンやミネラルが多いのだ。
寿司を柿の葉でつつむと柿の葉寿司は
柿の葉の殺菌効果を利用するものだ。
漢方の世界では薬であり、近ごろでは花粉症予防にいいということで
柿の葉の成分がサプリメントにもなっている。
若葉だとそのままテンプラにもなる。

こんな次第で、柿の葉は忙しい。
本来の役目は光合成で養分をつくることだが
本業の他にお茶になったり寿司になったりしなければならない。

秋が来て、赤くなって
こうなればもう摘まれることもないと
ホッとしているだろうか。
タグ:柿の葉
posted by Read at 12:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月10日

黒部のむかし


Youtubeで発見した黒部ダムの記録です。
歩荷(ぼっか。運搬人)が歩く山道のなんと怖いこと。

それにしても
日本人の土木工事に対する情熱の凄さがかいま見えます。


タグ:黒部ダム
posted by Read at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月18日

放たれた朱鷺のいま

toki02.jpg

去年の9月に放たれた朱鷺の現況。

No.3 ♀ 新潟県燕市
No.4 ♀ 富山県黒部市
No.13 ♀ 新潟市

No.1 ♂ 佐渡、新保山中にねぐらあり
No.9 ♂ No.1と行動を共にしている

No.6 ♂ 佐渡、羽毛地区にねぐらあり
No.11 ♂ No.6と行動を共にしている

No.7 ♀ ここしばらく目撃情報なし
No.15 ♀ 佐渡にて死亡
No.10 ♂ 放鳥直後から行方不明

今年も9月末に20羽の朱鷺が野生に戻るために放たれます。
朱鷺を見かけたかたの目撃情報はこちらへ
http://www4.ocn.ne.jp/~ibis/station/

朱鷺リンク
*朱鷺保護センターhttp://www4.ocn.ne.jp/~ibis/index.htm
*朱鷺ファンクラブhttp://toki-sado.jp/fanclub/
*新潟日報社http://www.niigata-nippo.co.jp/toki/tayori_2009.html
タグ:朱鷺
posted by Read at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月13日

山田辰夫のDELIGHT



上の動画は山田辰夫がお父さんを演じているJTのCM。
6話のシリーズになっている。

下の写真はこの春に撮影したプロフィル写真。
昨夜(09年9月12日)の「送る会」の遺影にもなっていた。
痩せている。やつれている。
しかしそれでもありのままの写真をみんなに見てもらって
俳優として演じる仕事をしようとしていた。

夏になって
あちこちに転移した癌の治療を
「これ以上は無理だ」と打ち切ってホスピスに入ったのは
闘うことをあきらめたのではなく闘う手段がなくなったのだ。
もう治療の方法がなかったのだ。

「これ以上は無理だ」という言葉には
最後まで闘いをやめなかった人の、
手を尽くし切った人の覚悟が読みとれる。

03yamada1.jpg
posted by Read at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月12日

Tommy Lee Jones



若いときも、年齢を感じさせる顔になってからも
やっぱり、トミー・リー・ジョーンズはトミー・リー・ジョーンズだった。
youtubeで発見したので貼ってみました。
posted by Read at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月15日

トキワなツユクサ

トキワツユクサ090512.jpg

葉からすると露草だ。
花も似ているがなにかが違う。
露草は青いしこの花は白いがそれだけではない。
露草は2枚の大きな青い花弁と1枚の小さな花弁だ。
この白い花はちゃんと大きな花弁が3枚ある。

調べてみたら、トキワツユクサという
外来種だとわかった。
昭和の初期に南米から持ち込まれ、
そのまま野生化したのだ。

日当たりの悪い場所にこの白い花が群生していると
可憐に見えるのだが
その名の通り常緑の多年草で
1年草の露草と較べるとだいぶたくましい。

タグ:露草
posted by Read at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月04日

磐梯山の桜は咲いたか





猪苗代湖の桜は4月下旬に満開になり
そらくもう散っていると思うけれども
山はどうだろう。

かなり以前のことになるが、いま頃の時期に
奥日光を抜けて猪苗代湖から磐梯山に行ったことがある。
中禅寺湖はまだ冬景色で戦場ヶ原は雪が舞っていた。
猪苗代湖あたりでは田んぼの黒土が見えていたが
磐梯山の上はまだ雪が残り
貸別荘のある中腹にソメイヨシノではないかわいらしい桜が
咲いていたのを覚えている。

標高が高くなるにつれて季節が逆もどりするさまは
本当に面白い。
連休にお出かけの皆さま、良い体験を。
posted by Read at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月08日

山吹草のすすめ

山吹草0904.jpg

家の西に黄色い花があると運が上昇するという占いがあって
本気で黄色い花を植えている人をふたりばかり知っている。

しかし、一年中黄色い花があるようにするのは
けっこうむづかしいのではないかと思う。

上の写真はいまの時期に咲く山吹草だが
同じ山吹草でも洋種の山吹草は四季咲きで
温度さえあれば季節を問わずに咲いてくれる。

いかがですか、山吹草。

それにしてもタンポポもそうだけれど
洋種の野草が四季咲きになるのはなぜだろう。

タグ:山吹草
posted by Read at 15:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月03日

見るか食べるか二輪草

二輪草090321.jpg

二輪草が咲くとうれしくてたまらない。
小さくて白くて清楚で単純で邪気がない。
しかし、この花が大量に自生する土地では
山菜として扱われているらしい。

月山山菜学というHPを見ると
「おひたしにする」と書いてあった。
ちょっとショックだ。
タグ:二輪草
posted by Read at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月26日

山桜桃

ユスラウメ090317.jpg

桜桃はサクランボだが、山桜桃はゆすらうめ。
ゆすらうめは人の背よりも低いくらいの
バラ科の低木で
指の先ほどの小さな花は
桜よりも少し早く咲き、散るのも早い。

小さな赤い実は甘酸っぱく野性味がある。
店で売られているものではないので
桜桃のように人に都合良く改良されていないのだろう。

ところで、ゆすらうめは「山桜桃」で
さくらんぼは「桜桃」と
きっぱり区別ができていればいいのだが
ときに「桜桃」が「ゆすらうめ」をあらわすこともあって
けっこうまぎらわしい。
その場合、サクランボの立場はどうなるのだろう。

タグ:ゆすらうめ
posted by Read at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月21日

春の駆け足

いったん気温が上がると春の駆け足は早い。
2009年3月17日18℃、18日20℃、19日23℃
20日19℃、21日15℃
あっという間に花が咲いた。

エンゴサク090321.jpg リュウキンカ090321.jpg  
左、エンゴサク09年3月21日          右、リュウキンカ09年3月21日


丹頂草090316.jpg丹頂草090321.jpg
左、丹頂草09年3月16日 右、丹頂草09年3月21日



肥後スミレ090321.jpg

 上、肥後スミレ09年3月21日
タグ:丹頂草
posted by Read at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月26日

これがこうなる

ひとり静芽090215.jpg

上の写真は庭で顔を出したばかりの「ひとり静」
芽というよりもいきなりツボミです。
やがて下の写真のような花が咲きます。
「静」というのは義経の愛人だった静御前のことで
静御前が烏帽子に水干という姿で舞う白拍子だったことから
烏帽子に似た花をつけるこの植物が
「ひとり静」と名付けられました。
「青軸ひとり静」「吉備ひとり静」など種類もあります。
また、花穂が二本立つ「ふたり静」もいます。

ひとり静080330.jpg


タグ:ひとり静
posted by Read at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月13日

隕石がヒット


隕石について調べていたら
「隕石」というyoutubeの動画がヒット。
爆笑もんです。


タグ:隕石
posted by Read at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。