2011年09月10日

JAZZ ART せんがわ 2011

image1.jpg

=タイムテーブル=
▼9月9日(金)
【17:20-】アートパレード

《せんがわ劇場》
【18:00-18:30】オープニングセレモニー 演奏:恥骨
【19:00-19:40】白石かずこ(詩)・井野信義(b)・巻上公一(theremin)
【20:30-21:20】細江英公(写真映像)・梅津和時(sax)、
       藤原清登(b)・吉田隆一(B-sax)・大野慶人(舞踏)

《KICK BACK CAFE》
【19:30-21:30】佐藤正治と音もだち Jazz Art スペシャル
(佐藤正治(vo/ds)・太田恵資(vl)・鬼怒無月(g)・吉良知彦(vo/g)・
 坂出雅海(b)・柳家小春(三味線)・泉邦宏(sax)


▼9月10日(土)
《せんがわ劇場》
【11:00-11:40】「こどものための声あそび」蜂谷真紀(vo)・ロケットマツ(key)
       石川浩司(perc) ※小学生以下無料
【12:30-13:10】秘宝感(斉藤良(ds)・纐纈雅代(as)
       スガダイロー(p)・佐藤えりか(b)・熱海宝子(秘)
       石井千鶴(鼓) 
       ゲスト:蜂谷真紀(voice)宝子(舞踏))
【14:00-14:40】KAZE (Christian Pruvost(tp)・田村夏樹(tp)
       藤井郷子(p)、 Peter Orins(ds))
【15:30-17:00】《自由即興(1)》※観覧無料
【17:40-18:20】藤原清登 Jump Monk Bass Band Special (Jump Monk BBS)
(藤原清登(b)・栗山雄暉(tp)・宮木謙介(b-sax)・廣瀬真理子(g)・伊藤一樹(g)
 松山修(ds)・遠藤定(b)・柿本論理(b)・鈴木元(b)・加藤久志(b))
【19:10-19:50】おしりたち 酒井俊(vo)・石橋英子(p/etc)・山本達久(ds)
        坂本弘道(vc)
【20:30-21:10】ヒカシュー (巻上公一(vo,cor.)・三田超人(g)・坂出雅海(b)・
       清水一登(p/bcl)・佐藤正治(ds))with 藤原大輔(t-sax)

《KICK BACK CAFE》
【14:00-15:30】荒井良二+PIKA☆ 弾き語り大作戦
【19:30-21:30】NON BAND Hirosaki unit
(NON(b/vo)・石田ハジメ(g)・對馬将太(perc)・山岸麒之介・玉垣ミツル(NON BAND)・佐々木絵実(NON BANDサポート・キキオン・蛇腹姉妹)

《Jenney‘s Kitchen》
【13:10-13:50】oncenth trio(岩見継吾(b)・栗田妙子(p)・池澤龍作(ds))
【14:50-15:30】蜂谷真紀(vo)・ロケットマツ(key)・石川浩(perc)
       ★大人向け
【16:10-17:10】副島輝人Jazz Art talk「日本のフリージャズが世界をゆく」
【18:20-19:00】Giovanni Di Domenico(p)・高岡大祐(tuba)

《K2 studio》
【13:00-17:00】Hacoの音虫眼鏡ワークショップ(1)※参加者募集中


▼9月11日(日)
《せんがわ劇場》
【11:00-11:45】《サンデー・マティネ・コンサート》坂本弘道(vc/etc)※入場無料・当日先着順
【12:30-14:00】《自由即興(2)》
【15:00-15:40】八木美知依ダブル・トリオ
       (八木美知依(筝)、田中徳崇(ds)・須川崇志(b)
        本田珠也(ds)・トッド・ニコルソン(b))
【16:30-17:10】坂田明(sax)・ジム・オルーク(g)・山本達久(ds)・       PIKA☆(ds)、高岡大祐(tuba)
【18:00-18:40】佐藤允彦(p)・太田恵資(vl)・今堀恒雄(g)
       巻上公一(theremin,cor.)
【20:00-21:30】《John Zorn’s COBRA 東京せんがわ作戦 神田佳子部隊》
(有馬純寿(computer)・大石将紀(sax)・神田佳子(perc)・
木ノ脇道元(fl)・坂本弘道(vc)・佐藤允彦(p)・しばてつ(ピアニカ)
田中悠美子(義太夫、太棹三味線)・中村仁美(篳篥)・橋本晋哉(tuba)
藤原清登(b)・松平敬(br)・本田珠也(ds)・巻上公一(prompter))

《Jenny's Kitcen》
【14:10-14:50】泉邦宏 solo(sax/etc)
【15:40-16:20】片山広明(sax)・藤掛正隆(ds)・巻上公一(vo)
【17:10-17:50】坂本弘道(vc)・喜多直毅(vl)・パール・アレキサンダー(cb)
【18:50-19:30】坂田明 solo(sax/etc)

《K2 studio》
【13:00-16:30】Hacoの音虫眼鏡ワークショップ(2)

JAZZ ART せんがわ 2011
http://www.sengawa-gekijo.jp/kouen/05849.html

posted by Read at 15:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | News| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月03日

ふるさとにチカラを










Voice:大川泰樹

posted by Read at 12:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | News| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月28日

ネットで読む童話 山本高史「リトル」

litter.jpg


ネットで読む童話なのだから、子供向けではなく大人向けだと思う。
しかし童話に間違いはない。
簡潔だしシンプルだし言葉もストレートだ。
一度読むと懲りるような現実もその世界にはない。
憎みたくなる登場人物もいない。

しかしそこで語られるものは、成長から死へ向かう放物線だったり
老いて病んで弱っていくことの役割だったりする。
そんなことがやさしい言葉で手短に語られている。

山本高史の童話「リトル」 
http://www.marunouchi.com/culture/little_10_01.html

タグ:山本高史
posted by Read at 17:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | News| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月24日

サンタクロース 出発



サンタクロース出発
北極から太平洋へ、さらにロシア沿岸へ
それからベーリング海峡を越えてマーシャル諸島へ向かいます。

サンタカメラ:http://www.noradsanta.org/ja/video.html
posted by Read at 18:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | News| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サンタクロース待機中

サンタの村では、いままさにサンタが橇に乗り込もうとしています。
いまというのは日本時間12月24日の18時です。

北米航空宇宙防衛司令部は世界中を飛びまわるサンタの姿をカメラでとらえ
その様子を3Dムービーで放映します。

下のムービーは去年のクリスマスのものですが
間もなくサンタがサンタ村を出発すると
下記のHPで動画が更新されていきます。

http://www.noradsanta.org/ja/index.html



posted by Read at 18:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | News| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月10日

奈良だって紅葉がキレイ



2年前の今日(11月10日)、奈良県天川村の紅葉です。





こちらは去年の11月1日、同じく天川村。

タグ:奈良 紅葉
posted by Read at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | News| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月02日

京都の紅葉はやはり11月から



京都の紅葉はやはり11月にならないと。
春の夜桜もいいですが、夜の紅葉もなかなかのものです。


タグ:京都 紅葉
posted by Read at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | News| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月20日

大台ケ原の紅葉ははじまっている



大台ケ原は奈良県の吉野熊野国立公園のなかにある。
特別保護区である。
日本100名山のひとつであり、日本の秘境100選にも数えられている。
山なのになぜ「原」かというと頂上が平坦だからだ。
平坦といっても低いわけではなく、標高は1695メートルある。

この山の紅葉は早い。
西大台は入山規制が実施されているために
事前の申し込みが必要だが
紅葉のシーズンは通常の倍の人数(それでも100人)の入山が許可される。
東大台は立ち入り自由になっている。
また、ふもとには小処温泉があり
こちらでは11月13日に紅葉祭が開催される。


大台ケ原のある上北山村HP:http://vill.kamikitayama.nara.jp/


大台ケ原の紅葉の動画。立ち枯れの木々は1959年の伊勢湾台風の破壊のあと。
posted by Read at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | News| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月19日

紅葉だより



日光、そろそろこんな紅葉になる頃です。


タグ:紅葉 日光
posted by Read at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | News| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月17日

朱鷺はいま

写真素材 PIXTA
(c) アイアンホース写真素材 PIXTA



◉9月中に確認されたトキ(9月末現在)
 佐渡15羽 (オス8、メス7)
 本州2羽 (メス2) 計17羽

◉死亡、行方不明
・一ヶ月以上未確認 4羽
・半年以上未確認 5羽
・死亡及び1年以上未確認 3羽
・捕獲 1羽(2009年放鳥直後)

◉トキのいる地域
佐渡/新穂、両津、金井、羽茂、相川
新潟県/新潟市
富山県/黒部市

今年も11月1日に14羽のトキが放たれる。

タグ:朱鷺
posted by Read at 14:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | News| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月08日

たそがれのライブ

live4.jpg











posted by Read at 16:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | News| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月06日

いまから間に合う桜

13511300_3729524070.jpg

新潟県弥彦村 弥彦公園:桜の種類が多いので4月いっぱいは十分楽しめる
新潟県上越市 高田公園:まだツボミ さくらロードのライトアップあり
茨城県土浦市 桜川土手:3分咲き

栃木県 日光街道桜並木:つぼみ 4月中旬以降に開花の見込み
宇都宮市 八幡山公園:ちらほら咲き 花見期間中は宇都宮タワーも夜間営業
栃木市 大平山自然公園:2分咲き程度 
            花見期間中は太山寺の枝垂れ桜をライトアップ

千葉県 マザー牧場:7分咲き 菜の花もキレイ

埼玉県 上長瀞駅の桜のトンネル:2分咲き 4月10日ころが満開の予想
埼玉県毛呂山町 鎌北湖:2分咲き 湖面に映る桜の美しさは定評がある

長野県伊那市 高遠城址公園:咲きはじめ 4月9日〜15日あたりが見頃か
長野市 善光寺と城山公園:つぼみが膨らんでいる 4月中旬に期待
長野県 小諸城址公園:つぼみ 4月10日頃に開花の予想
山梨県 河口湖畔:つぼみが大きくなってきました

金沢市 兼六園:3分咲き 4月11日まで無料開放

福島県三春町 三春の滝桜:つぼみ 開花予想は4月12日
会津若松市:鶴ヶ城公園:つぼみ 4月17日と18日はさくら祭

タグ:
posted by Read at 00:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | News| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月19日

巻上公一のNEO VOICE

NEO-VOICEs_logo.jpg

声の洞窟で遊んでみようか。

この洞窟は、その存在さえあやしい。
見つけ出さなければ響いてはくれ ない。
解剖学的には、ゲーテが発見した穴というのが、
上あごのまん中あたりにあるらしい。
これは普段見えないものなので、
なかなか自覚できるものではない。
また、人間には優れた舌骨があり、
喉の奥のスペースがあったから高度 な言葉を手に入れたという。

では、このまるっきりプリミチブな咆哮は、どこから来るのか。
ぼくは思う。
言語の先っぽにこそ、知的に昇華された声のパフォーマンスが存在するのだと。
声というのは、発するから声なのではない。
声帯は聴く時にも震えているように、からだそのものを表し、
気配を表し、精神を表す。
そしてこの頃の日常生活、声は後退しつつあるようなので、
ぼくはさらに声の洞窟遊びを推奨する(巻上公一)

詳細は下から
http://www.makigami.com/neo-voice.html
タグ:巻上公一
posted by Read at 01:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | News| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月09日

湘南でダイヤモンド富士を

D富士.jpg

写真のようなダイヤモンド富士が見られる場所があります。
季節によって変わります。
どの場所もだいたい1日か2日のピンポイントです。
さて、4月のはじめは湘南に注目です。

4月1日~2日:茅ヶ崎南湖
4月1日~2日:鎌倉市浄明寺緑地
4月3日~4日:県立湘南海岸公園
4月4日:茅ヶ崎海岸ヘッドランド
4月4日~5日:老人ホーム「茅ヶ崎太陽の郷」
4月4日~5日:鎌倉海浜公園稲村ケ崎
4月4日~5日:逗子市披露山公園
4月5日~6日:逗子市大崎公園
4月5日~6日:逗子海岸

これ以降は三浦半島にポイントが移ります。
いづれも夕陽のダイヤモンド富士です。
日没の時間を調べてお出かけください。

posted by Read at 01:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | News| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月05日

Tokyo Copywriters' Street ライブ詳細

チラシ裏面.jpg


日時:2010年2月20日(土)
場所:Tokyo TUC http://www.tokyouniform.com/tokyotuc/
時間:17時ー18時(ショートプログラム)2,000円
   19時−21時(レギュラープログラム)4,200円

出演:大川泰樹坂東工清水理沙西尾まり
伴奏:鈴木綾子

Mix:森田仁人
AD:金井理明
協力:TFM 林屋創一

参加コピーライター
小野田隆雄・一倉宏・山本高史・古川裕也・小松洋支・佐倉康彦・薄景子
岡本欣也・国井美果・細川美和子・古田彰一・張間純一・中村直史
上田浩和・細田高広・保持壮太郎・中山佐知子

*チケット発売中(全席指定/一部喫煙可)
 こちらのメールフォームからどうぞ

 http://form1.fc2.com/form/?id=391659
*お問い合わせはこちらから tcsl@live.com


レギュラープログラム長編13本+短編8本

<前半>

*一軒宿の日記 大川泰樹(中山佐知子)

 **短編 大川泰樹(保持壮太郎)/短編 清水理沙(国井美果)
*バイカル湖に伝わる物語 清水理沙(小野田隆雄)
*雪の絵日記 西尾まり(小野田隆雄)

*ぐるっとまわってマフラーの歌 清水理沙(一倉宏)
*Mr.エアターミナル 坂東工(薄景子)
 **短編 西尾まり(中村直史)/短編 坂東工(細田高広b)

*匂い 清水理沙 (佐倉康彦) 


<後半>
*大川泰樹 僕にはきみがわからなかった(古川裕也)
 **短編 大川泰樹・清水理沙(細田高広a)

*イースター島の風 坂東工(小野田隆雄)
*3月は握手をして 清水理沙(一倉宏)
 **短編 坂東工・西尾まり(張間純一)/短編 坂東工(上田浩和)
*赤ちゃん警察 西尾まり(国井美果)
*窓のなか 坂東工 (岡本欣也)
 **短編 清水理沙(古田彰一)

*アラスカの雪の上で 大川泰樹(中山佐知子) 

*夢を話せば 坂東工・西尾まり(一倉宏)



ショートプログラム長編8本+短編6本

* 時間のはじまりの岸辺で 大川泰樹(中山佐知子)
*世界でいちばん長い日 清水理沙(細川美和子)
 **短編 大川泰樹(保持壮太郎)/短編 清水理沙(細田高広a)

 **短編 坂東工(中村直史)/短編 西尾まり(国井美果)
*トワイライト 坂東工(小松洋支)
* 猫日記 西尾まり(一倉宏)
* その駅を降りて 坂東工(小野田隆雄)
 **短編 西尾まり(上田浩和)/短編 坂東工・西尾まり(張間純一)

*プライド硬度計 山本高史(山本高史)
 
*できれば土に 清水理沙(中山佐知子)
*この宇宙に生まれたすべてのものに 大川泰樹・清水理沙(中山佐知子)

posted by Read at 13:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | News| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月01日

謹賀新年 初日の出

2010年、初日の出動画集。


◯ 信州から



◯八ヶ岳から



◯山梨県北斗市



◯東京湾のフェリーから



◯ディズニーランド



◯熊野灘




◯六本木ヒルズ



posted by Read at 16:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | News| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月24日

サンタクロースを追跡する




サンタクロースがいま何をしているのか、どこにいるのか
こちらのHPで見ることができます。
http://www.noradsanta.org/jp/track3d.html





posted by Read at 17:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | News| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月10日

放たれた朱鷺のいま 09年12月

写真素材 PIXTA
(c) アイアンホース写真素材 PIXTA


■6号♂(第一次放鳥)と11号♂(第一次放鳥) 佐渡羽茂地区がねぐら

■18号♀(第二次放鳥) 佐渡新穂地区がねぐら 一羽でいることが多い

■1号♂(第一次放鳥)と9号♂(第一次放鳥)
 8号♂21号♀22号♂23号♂24号♂25号♀26号♀27号♀
 31号♀32号♀(これら10羽第二次放鳥)
 以上12羽は新穂地区の同じねぐらにいる

■33号♂(第二次放鳥)佐渡両津地区で目撃されている

■28号♂(第二次放鳥)と30号♀(第二次放鳥)佐渡金井地区がねぐら

■5号♀(第二次放鳥)と13号♀(第一次放鳥)長岡市
■3号♀(第一次放鳥)燕市
■4号♀(第一次放鳥)黒部市

朱鷺を見かけたかたの目撃情報はこちらへ
http://www4.ocn.ne.jp/~ibis/station/

朱鷺リンク
*朱鷺保護センターhttp://www4.ocn.ne.jp/~ibis/
*朱鷺ファンクラブhttp://toki-sado.jp/fanclub/
*新潟日報社http://www.niigata-nippo.co.jp/toki/tayori_2009.html
タグ:朱鷺
posted by Read at 00:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | News| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月14日

ダイヤモンド富士を見に行く

ダイヤモンド富士フリー.jpg

ダイヤモンド富士というのは
写真のように富士山の頂上に日が沈む状態のことをいう。
たまに日の出のこともあるが
日の出のポイントは山梨県の身延山あたりに限られている。

ダイヤモンド富士が見られるポイントは季節によって変わる。
見られる時期は短く
たとえば善福寺の富士見坂だと11月19日と20日だけだし
たった1日だけというポイントも多い。

そんななかで比較的長く見られるのが高尾山山頂で
12月17日から26日にかけて
下の写真のようなダイヤモンド富士を拝むことができる。

高尾山の今年の紅葉は1週間ほど早く色づき
いまが見ごろを迎えている。
春は山野草の花、夏はビヤガーデン、秋は紅葉、
そして紅葉が終わるとダイヤモンド富士。
そういえば高尾山は東京の観光ミシュランで
三ツ星をもらっていたのだった。

*高尾山HP http://www.takaotozan.co.jp/index.htm

ダイヤモンド富士.jpg
タグ:高尾山
posted by Read at 13:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | News| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月04日

朱鷺と酒と環境

hakuro_j-08-720.jpeg

酒づくりは環境問題と密接につながる。
たとえば白州に蒸溜所を持つある洋酒メーカーは
「ウイスキーの資源は自然だ」という考えのもとに
蒸溜所の背後の広大な土地を買い取り囲い込み
さらに森の番人を置いて自然を守ることによって
ウイスキーの命ともいうべき水を守っている。

日本酒もまた米と水からつくられる。
けれども、ひとつの蔵元に広大な土地を囲い込む資力が
あろうはずもないので
これは付近の人々や自治体といかに協力し合うかが問われることになる。

かつて日本にいた朱鷺は乱獲のために数を減らしたが
その最後の止めを刺したのは農薬だった。
朱鷺は田圃のドジョウやミミズを食べるので
その田圃に農薬が撒かれたらひとたまりもなかった。
死んだ朱鷺の内蔵から多量の水銀が検出されたそうだが
ではその田圃の米を食べていた人間はどうなのだという話にもなる。
そして生まれるべき朱鷺の子供たちを生まれなくしたのは開発で、
警戒心の強い朱鷺が安心して雛を育てられる環境が
急激に破壊されていったのだ。

いま、佐渡では農薬を3割減らした米、5割減らした米
さらに農薬と化学肥料を減らした上に
朱鷺の餌場をつくった農家の米などを「朱鷺」の名前をつけて
販売している。
朱鷺の餌場をつくるということは
年間を通じて生き物が生育できる環境をつくるということだで
有機栽培をもう一歩進めたカタチだといえる。
佐渡はもともとおいしい米を産するところなので
この農業の変化は消費者にとってもうれしいことに違いない。

さて、新潟県長岡市の柏露酒造では
売上げの一部を朱鷺の保護募金にするという日本酒を売り出した。
「米や水など自然とかかわりの深い酒造会社だから」というのが
その理由だ。

さらに朱鷺の地元佐渡の加藤酒造店では
朱鷺のために減農薬・有機栽培にした田圃の米からつくった酒
「金鶴 吟醸 生酒」を売り出した(本年度は売り切れらしいが)

朱鷺のための環境づくりに協力する人たちがいて
その人たちの生産物を買う人がいて
さらにその生産物からできた商品を買う我々がいて
その流れの勢いが活発になったとき
きっと朱鷺が生きる環境が定着するのだと思う。

タグ:朱鷺
posted by Read at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | News| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。