2011年10月28日

ブリューゲルの「七つの大罪」



Brueghel_-_Sieben_Laster_-_7-Superbia_convert_20101002215240.jpg

銘文にはこうある。

「傲慢な者は神々を愛することがなく、神々によって愛されることもない」
「傲慢は神が何にもまして憎むもの、同様に神もまた傲慢から無視される」


ブリューゲルは「七つの大罪」を版画の世界で描いている。
上の版画はそのうちのひとつ「傲慢」

ブリューゲルは16世紀のベルギーの画家で
初期は版画の下絵をもっぱら描き、寓話をもとにした題材が多い。
1560年くらいから油絵に専念するのだが
この「傲慢」はその少し以前、1556年から1558年頃の作品に
位置づけられている。

タグ:七つの大罪
posted by Read at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Voice & Story| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/229832769
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。