2011年09月30日

文字を持たない黄金の国トラキア

images.jpeg

文字を持たない黄金の国トラキア

ブルガリアの黒海に面したヴァルナという街で
地下ケーブルの工事現場から古代の集団墓地が発見されたのは
1972年のことだった。
墓地からは遺体とともに黄金の副葬品が発見された。
それは紀元前4500年も前の黄金、
世界最古といわれてきたエジプト、メソポタミアよりも
古い時代につくられた黄金だった。
トラキアはこうして世界の注目を浴びることになった。

2004年にはブルガリア中央部カザンルクのバラの谷と呼ばれる渓谷では
紀元前5世紀のトラキア王(セプト三世)の黄金のマスクが発見され
またもや世界は騒然となった。
バラの谷には香油用に栽培されるバラ畑のなかに
1000もの古墳が点在している。
ブルガリア全土の古墳の数は25000を超える。
2008年、トラキアの古代の黄金を集めた「よみがえる黄金文明展」が
開催されたが
そのときブルガリア各地の博物館から厳選されて
日本にやってきた秘宝の数は170点余り。
王のマスク、花冠、杯、武具、装飾品など
すべてがまばゆいばかりの黄金の芸術性高いものばかりで
黄金の国トラキアを印象づけたのだった。

しかしこの黄金の国トラキアは文字がなく
トラキア人自身による歴史の書もない。
黄金の国としてスポットが当たるまで、トラキアは
古代ギリシャの歴史家ヘロドトス、詩人ホメロスの書で
わずかにうかがい知れるだけだった。
謎の国、謎の民族として忘れられようとしていたトラキアは
黄金の発掘で一躍スポットライトを浴びることになった。
近年になって発掘研究も進み
ブルガリアの人々はトラキアを話題にするようになったらしい。


出演者情報:瀬川亮 http://www.weblio.jp/content/瀬川亮
タグ:トラキア
posted by Read at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Voice & Story| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/227284804
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。