2011年04月17日

シリウスの暦とヘリアカルライジング

hea.jpg


ナイルの洪水が始まる日は日の出前にシリウスが昇った。
シリウスは全天でもっとも明るい星である。
いまは青白いが、古代の文書には「赤」と書かれているのが不思議だ。
本当にアルデバランのような赤い星だったのか、
それとも「明るい」を「赤い」といったのか、そのあたりがわからない。

エジプトで暦が生まれた頃
シリウスはナイルの洪水を予測する位置にあった。
なにしろまる1年ズレる古代の暦を
現代の暦に換算するのは無理と思うので
いまは現代の暦を使わせていただくと
シリウスは5月〜6月は昼間に空にあるので見えない。
そのシリウス不在のときを過ぎると
ヘリアカルライジングがやってくる。
それは消えていたシリウスが再び姿をあらわす日で
日の出直前に、太陽を導くようにしてシリウスが昇るのだ。
それは夏至のころだったという。
そして、その日からナイルの洪水がはじまった。

古代エジプト人はヘリアカルライジングを観測していたので
1年365日で閏年のない暦だと
毎年ヘリアカルライジングがズレていくことも知っていた。
シリウスを基準にすると、エジプトの計算では
ヘリアカルライジングの元旦を迎えてから
次のヘリアカルライジングの元旦を迎えるまでに1460年かかる。
つまり1460年でまる1年の誤差が生じるのだ。
(実際は1507年のようなのだが)

100年くらいで滅びてしまう王朝ならば
そこまで暦がズレることもないが
エジプト文明はあまりにも長かったので
太陽神ラーからもらった暦はあまりにもズレまくった。

そこで、古代エジプトでは内緒の暦があり
4年に一度はこっそり閏年をもうけていたのだ。
それは農業用の暦で、種を撒く時期などもこれで決めた。
そりゃあそうです。
洪水の水が引いておらず、畑は水浸しのときに
ラーの暦が「収穫せよ」と命じても無理ですからね。


Voice:大川泰樹 http://yasuki.seesaa.net/ 03-3478-3780 MMP
posted by Read at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Voice & Story| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/193968264
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。