2011年03月27日

プトレマイオス三世、書物を騙し取る

Incendie_Alexandrie.jpg


アレクサンドリアの図書館は
プトレマイオス朝の歴代のファラオの手厚い保護を受け
70万の図書を収集していたと伝えられている。
世界最古の紙もまだ発明されておらず
印刷技術など夢にも見たことがないという時代の書物は貴重で
これを収集するにはさまざまな手段が必要だった。

まず、金を払って買い集める。これは正当である。
次に強奪する方法がある。
アレクサンドリアの港では寄航した船の積み荷を検査し、
書物があれば図書館に所蔵する価値があるかどうかを検討する。
所蔵が決まればその書物の写本(複製)をつくり
原本をいただいて写本を持ち主に戻すという方法をとった。
写本と共に賠償金も支払ったようなので
「強奪」とは言えないかもしれないが
それにしても強引なことではあった。

さて、その頃のアテネの図書館には
アイスキュロス、ソポクレス、エウリピデスという
古代ギリシャの三大悲劇詩人の自筆原稿があった。
門外不出の貴重品として所蔵していたのだが
プトレマイオスはそれがどうしても欲しかったので一計を案じた。
「保証金を預けますから写本をつくる間だけ貸してもらえませんか」
保証金はあまりに莫大だったので
アテネの図書館はコロッと騙されて貸してしまった。
これが間違いのもとだったのだ。
プトレマイオス三世は詩人らの自筆原稿を我がものとし
写本をアテネの図書館に差し出した。
保証金ももちろんアテネ図書館のものになったが
そこまでしても欲しがっていたことを見抜けなかった
アテネの負けである。

この人類史上最大の図書館が失われたのは
後世の戦争による火災や略奪だといわれているが
復興不可能なほどの壊滅的な打撃は紀元4世紀以降の
キリスト教による破壊だった。
キリスト教の暴徒によってアレクサンドリア図書館のみならず
神殿や記念碑は度重なる攻撃を受けた。
415年には図書館に向かう館長のヒパティアを襲い
教会に連れ込み裸にして、
牡蛎の貝殻で生きたまま彼女の肉を剥いで殺してしまった。
この無惨な殺人を目の当たりにした学者は
次々とアレクサンドリアを去り
数世紀にわたる学問の殿堂は建物も書物も人も消えてしまった。


Voice:大川泰樹 http://yasuki.seesaa.net/ 03-3478-3780 MMP
posted by Read at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Voice & Story| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。