2011年03月13日

プトレマイオスの二代めときたら

p2.jpg


さて、プトレマイオス朝のファラオ二代めは
プトレマイオス二世である(当然だが)
この人はプトレマイオス一世の次男だったが
長男がエジプトから追放されたために後継者になった。
(追放された長男はマケドニア国王になったがやがて滅亡)

プトレマイオス二世は賢い人だったらしく
領土を拡大したし中央集権国家を築いたし
交易ルートは確保したし、
学者や文人を招聘して文化面の功績も大きい。

しかし、もうひとつの功績もあって
血族結婚の先例もプトレマイオスがつくっているのだ。
エジプト人の王朝は確かに血族結婚が多かったが
ギリシャ人にその伝統はなかった。
ところがプトレマイオス二世は出戻りのお姉ちゃんと結婚してしまった。
もともとプトレマイオス二世にはアルシノエという妃がいたのだが
これを追い出してお姉ちゃんと結婚して
このお姉ちゃんの妃がアルシノエ二世という。

アルシノエ二世は賢い人だったらしく
プトレマイオス二世の共同統治者として貢献したと伝えられ
死語は神殿に祀られているのだが
プトレマイオス朝の血族結婚の歴史は
まさにここからスタートしてしまったのだった。



Voice:大川泰樹 http://yasuki.seesaa.net/ 03-3478-3780 MMP
posted by Read at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Voice & Story| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/189095368
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。