2011年03月05日

現在の中国馬

uma.jpg


狭い日本でも在来馬は8種いるというのだから
中国の馬はどれほどの種類がいるのか想像もつかないが
まず有名な4種を挙げると次のようになるらしい。

モンゴル馬(モンゴル地方)
 体高120〜135センチ、300kg前後
 ガッシリ、幅広、短足、寒さに強い

哈萨克馬(カザフ馬、ウイグル地方)
 武帝が名付けた西極馬がこの馬
 
河曲馬(青海地方)
 体高135~140センチ 350kg〜400kg
 細い顔、スマート、胸が広くたくましい、穏やかな性格で持久力あり

山丹馬(甘粛地方)
 もっぱら荷運びに従事していた品種で、体格ががっしりして背中が水平。
 毛が長く、高山の氷点下の寒さに適応する。

なお、汗血馬の原産地は現在のトルクメニスタンのアハル州で、
汗血馬はアハル・テケと呼ばれている。
いま世界でも3000頭余りしかおらず
そのうち2000頭がトルクメニスタンで飼育されている。
スピードと持久力を兼ね備えた黄金の馬である。
金属的な光沢を持つ毛並みは美しく、
馬術競技の飛越のフォームの優美さもよく知られている。
なお、性格は頑固であり扱いにくく、ひとりの人間にのみ懐くといわれている。
タグ:赤兎馬
posted by Read at 21:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | Voice & Story| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/189088465
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。