2011年02月26日

その頃の馬

uma0008-024.jpg


前漢の武帝が大苑の血汗馬を求めたころ大陸にはどんな馬がいたのだろうか。

まずモンゴル馬である。
モンゴル馬はずんぐりしている。銅が太くて短い。首も短い。
顔が大きい。
しかし見かけと違って賢いというし、タフで勇敢だった。
モンゴルの騎馬遊牧民にとっては家族同様であり
移動手段としても戦いの相棒としてもなくてはならないパートナーだった。
ジンギスカンが乗ったのもこの馬だ。

そのモンゴル馬を羨んだのが漢の武帝だった。
匈奴と戦って勝てないのは馬の違いではないか…
どうやらそんなことを考えたらしい。
その当時の中国の馬がどんなだったかわからないが
日本の在来馬がどうやってもたらされたかについてのある説によると
小型馬が中国の四川、雲南、華南あたりから沖縄を経由して九州へ
中型馬はモンゴルから朝鮮半島を経由してということになっている。
これからすると、どうやら中国馬はモンゴル馬より貧弱だったようなのだ。

さて、大陸一の名馬を産する大苑の北の西には鳥孫(うそん)という国があった。
鳥孫も騎馬民族の国で、ここから武帝に贈られた馬も
たくましく駿足の名馬であったので、武帝は喜んで鳥孫の馬を天馬と呼んだ。

その後、武帝は大苑から汗血馬を得、これを天馬にして
鳥孫の馬は(位を下げて)西極馬と呼ぶようになったという。



Voice:大川泰樹 http://yasuki.seesaa.net/ 03-3478-3780 MMP
Tokyo Copywriters' Street 2011年1月
タグ:汗血馬
posted by Read at 23:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | Voice & Story| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/187944153
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。