2011年02月12日

武帝と馬

400px-Western_Regions_in_The_1st_century_BC_(ja).png


武帝は紀元前二世紀の人で前漢の七代めの皇帝だが
この人は匈奴を攻めるために遥か西の大月氏のもとへ同盟の使者を派遣した。
同盟は失敗に終ったが
それまでよく知られていなかった大陸の西の情勢が
これによってあきらかになる。
大月氏の国はいまでいうサマルカンドのあたりであって
東西交易の拠点でもあった。

さて、武帝の使者張騫は100人あまりの外交使節団を率いて西へ向かったが
あっっという間に匈奴に捕えられ10年の歳月を送る(匈奴の妻まで娶っている)
10年めにやっと脱出し、大苑国(いまのフェルガナ盆地)に至り
大苑の世話を受けながらキルギスを抜けて大月氏国へたどりついたのだった。

大月氏との同盟はならなかったが、使者の張騫は13年めに帰国すると
耳寄りな情報を武帝に伝えた。
「大苑では汗血馬という名馬を産す」という情報だった。

武帝は天馬の子孫と伝えられる汗血馬を欲し
たくさんの黄金と金でつくった馬を使者とともに大苑に送ったが、
よもやここまで武帝が攻めて来るまいとみくびった大苑の王によって
使者は殺されてしまった。
ここにきて武帝は怒り、大苑討伐に乗り出した。
104年の第一次大苑討伐隊は敗退し、ますます怒った武帝によって
102年、第二次大討伐隊が送られる。
第二次討伐隊はよく戦い、城を取り囲み水源を絶ちさらに外城を壊して
敵の勇将を捕虜にした。
ことここに至って、大苑の城の内部では貴族たちが王を殺し
その首と汗血馬を差し出した。

汗血馬は背が高く、首と足がすらりと長く美しかった。しかも駿足で、
これを手に入れることは当時としては戦闘機を手に入れるのと同じだった。
武帝はこうして手に入れた汗血馬を「天馬」として喜び
やがて血汗馬は権力の象徴にもなっていった。



Voice:大川泰樹 http://yasuki.seesaa.net/ 03-3478-3780 MMP
Tokyo Copywriters' Street 2011年1月
posted by Read at 12:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | Voice & Story| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。