2010年12月12日

お兄ちゃんの一友くん

castle1.jpg


森本一房くんのお兄ちゃんは、森本四郎兵衛一友という。
一友くんも勇猛で知られ、加藤家二十四将に名を連ねている(らしい)
(そんなもんがあったとしての話だが。加藤清正二十将は錦絵がありますね)

さて、1611年に清正が亡くなり、
その1年後にお父さんの一久くんも死んで
次男の一房くんは熊本を出ていってしまった。
一友くんは長男だし勝手なこともできず
それから20年ほどがんばっていたのだが、
やがて1632年に加藤家が改易になって潰れてしまう。
加藤家の家臣のなかには細川家に再就職した人も多い。
庄林一心の息子も細川家に行った。
細川家侍帳には、島原の乱のときに浪人だった一友くんが
細川家の家臣でありながら3万石の大名格だった松井佐渡の下で働き、
ここで手柄を立てたことによって直臣として細川家に就職したと
書いてあるらしい。
要するに松井さんから細川さんにトレードされたわけだ。
名門好きの細川家は各地から名門の家臣を集めてコレクションしていたので
加藤家三傑の嫡男ならば容易に就職できたのではなかろうか。
細川家の一友くんは食禄150石。子孫は無事に明治の世を迎えている。




Voice:大川泰樹 http://yasuki.seesaa.net/ 03-3478-3780 MMP
Tokyo Copywriters' Street 10年11月
タグ:森本一房
posted by Read at 20:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | Voice & Story| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。