2009年09月03日

ワーズワースの嘆き

Bluebells.jpg

ワーズワースが湖水地方のグラスミアに住んでいたとき
尊敬する老牧師が亡くなり
それとともに老牧師が半生をかけて木を植え苗を育てて
つくりあげた庭の
シカモアの大木、樅の木、トネリコの並木までも
次々と切り倒されていきました。

その荒廃していく庭の姿を見て
ワーズワースが書いた詩の一節。

 願わくば、これらの世界のひとつひとつを
 より高貴な目的のために破壊から守り
 せめてこの地の自然と芸術を
 虐待から保護するために働く
 忠実で純粋な心を持った管理者を与えたまえ。


ワーズワースが訴える自然保護は
やがて実を結ぶことになりますが
それはもう少し先のことになります。



あの人は青い瞳のそばに  Voice:大川泰樹 http://yasuki.seesaa.net/
(東京FM Tokyo Copywriters' Street 09年8月放送)
タグ:湖水地方
posted by Read at 23:31 | Comment(2) | TrackBack(0) | Voice & Story| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
突然失礼します。
私は今、大学でワーズワースの研究をしています。この記事にある詩はどの詩集にあるものでしょうか。ぜひ教えていただけないでしょうか。
Posted by 岡島 at 2015年01月08日 18:30
おたずねの件ですが
資料が散逸しておりまして
確かなお答えをしかねるのですが
「The Tuft of Primroses」ではないかと思います。
Posted by なかやま at 2015年01月09日 00:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/127171566
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。