2009年02月08日

朱鷺の保護の歴史

明治25年 「狩猟に関する規制」で保護鳥(33種)が定められる(トキを含まず)
明治41年 保護鳥にトキが加えられる

大正11年 「日本鳥類目録」で学名Nipponia Nipponを採用、以降定着
大正15年 「新潟県天産誌」で濫獲の為め其の跡を絶てりとされる

昭和2年 佐渡支庁、トキ発見で懸賞で呼びかける
昭和4年 能登でトキ1羽誤殺される
昭和6年 佐渡金沢村(現金井町)で2羽のトキが確認される
昭和9年 トキ、天然記念物に指定
昭和15年 新潟県がトキの生息調査を実施
昭和27年 トキ特別天然記念物に指定
昭和35年 トキ、国際保護鳥に選定

昭和42年 新穂村清水平にトキ保護センターを建設し
「フク」「フミ」「ヒロ」の飼育開始
昭和43年 3月「キン」が宇治金太郎氏に捕獲され、トキ保護センターで飼育開始
昭和44年 3月クロトキ2羽飼育開始
昭和51年 12月トキ保護対策委員が発足
昭和56年 1月野生トキ5羽を一斉捕獲
     3月「ミドリ」「シロ」のペアリング開始
昭和58年 4月「シロ」死亡、「ミドリ」「キン」のペアリング開始
昭和60年 10月「ホアホア」を中国から借用(平成元年11月まで)

平成5年 2月トキを種の保存法の国内希少野生動植物に指定
    11月新穂村長畝に佐渡トキ保護センター開設

平成10年 11月江沢民国家主席がトキのペア贈呈を表明
平成11年 1月30日「友友」「洋洋」のペアが到着
     5月21日「優優」誕生。
平成12年 5月「新新」「愛愛」誕生
平成13年 2つがいから11羽のヒナが育つ

平成15年 3つがいから18羽のヒナが育つ
     10月10日、日本産最後のトキ「キン」が36歳で死亡

平成20年9月25日 朱鷺保護センターから10羽の朱鷺が放たれる


エデンから放たれた男と女は  VOICE:大川泰樹 03-3478-3780 MMP
(東京FM Tokyo Copywriters' Street 08年12月特番放送)


posted by Read at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | Voice & Story| edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんわ。

はじめてのコメになります。

一才の娘に邪魔されながら見てます(^^)。

またゆっくり見させていただきます。

それでは、失礼します。
Posted by ☆KEEP BLUE☆ at 2009年02月07日 23:38

こんな時だからこそ、生きてる内に思いっきり楽しんでおきたい…
不謹慎なんて言うなよな!いっちまったら何もできないんだから…(´・ω・`)
http://p1s77f9.glinds.info/
Posted by 備えあれば憂いナシ!! at 2011年03月18日 18:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。